食と暦 秋|十六夜  夏の終わりから、また新しい生活がはじまりました。好きなことに通じることだけど、自分の得意分野とはちがうこと。応用ではなくベースから始めなくてはならない。そしてもちろん、創作活動が本業だから、頭も体も気持ちも切り替えがむづかしく、うんうんいっていたひと月。自分ひとりでしかできないことと、いろいろな人と交わってやっていくこと。両極端にちがうことを、両方全力でしなければいけないことに頭の中ぐるぐる...。側で寄り添ってくれたり見守ってくれる人に、よいしょと気持ちを引き上げてもらいながら、日々浮いたり沈んだり大忙しです。ずっと当り前にあった自分にとって大事なことに、ちゃんと気づいたような気がします。気持ちがささくれてる時は、ゴシゴシ洗濯しちゃう!スニーカーがぱりっと乾くと、ぜんぶほっぽりだしてどっかに行きたくなってきます。  タイガパオライス 鶏肉のバジル炒めごはん  バジル  鶏挽き肉/150g  にんにく/2片  ニンジン/半分  卵  ----- 鷹の爪  ナンプラー/大1  オイスターソース/大1  砂糖/小1  酒/大1  1:にんにく、にんじんをみじん切り、鷹の爪は輪切りする。バジルの葉は洗って水気をふいておく  2:熱した油でにんにくを炒め、鶏挽き肉、酒を入れそぼろ状に  3:ナンプラー、オイスターソース、砂糖、鷹の爪を加え、汁気がなくなるまで炒める  4:バジルの葉をちぎり入れ、さっと炒める  5;ごはんにガパオをかけて、目玉焼きとバジルの葉をトッピング  仕上げにスイートチリソースやラー油をたらすと、バジルの風味がぐんとひきたちます。  いなばの「とりそぼろとバジル」の缶詰めがすごくおいしくって、自分で作ってみたくなって、バジルを育てるところからやってみました。  ごはんを詰めておかずをのせるだけ、丼スタイルのラクチンわっぱ飯。木が余分な水分を吸って、もちっと美味しくしてくれる。便利になっても、先人の知恵はすばらしい  今日のわっぱ飯 □ きのことたまごのバジル炒め丼  今日のわっぱ飯 □ めんたいオンザ高菜チャーハン  揚げ焼きからあげ  鶏もも肉/300g  片栗粉   漬けダレ -----  しょうゆ/大1  酒/大1  おろしにんにく  おろししょうが  1:鶏もも肉を一口サイズに切って、袋に漬けダレを入れてもみこみ、冷蔵庫で1時間ねかせる  2;片栗粉少々を袋に入れてもみもみ。ひとつずつもう一度片栗粉をつける  3:フライパンに5mmくらいの油を熱する  4:鶏肉を入れて中火で4分そのままうら返して3分こんがりと焼く  前の晩のお味噌汁で、つぶつぶコーンおじや  団地ネコ母さん、子育ての合間のひとやすみ中...  手づくりしてくれた、きれいな絣の花のブローチ。お気に入り  さぁ、ソースづくりはじめよう!  ジェノヴェーゼソース  バジル/150g  にんにく/3片  ひまわりの種(松の実)  黒胡椒  オリーブオイル/200cc  瓶に摘めて、冷蔵庫でひと月くらいもつ。ラップに小分けして、冷凍しておくと、料理のアクセントにさっと使えて便利  ジェノヴェーゼパスタ パスタを茹でながら、フライパンにオリーブオイルを熱し、刻んだにんにくを炒める。バジルソースを大さじ3混ぜて、-2分のパスタを茹で汁とともにからめる。茹で汁を足してさらっと仕上げます。  ジェノヴェーゼガーリックトースト  キノコとたまごのバジル炒め(翌日のお弁当にも)  バジルの枝先をカット(摘心)すると脇芽が出て、倍、倍に増えていく...ほっといたら茂って茂って木陰ができるくらい!よし!ちょきちょき切ってソースづくりだ♪  わっさわっさ茂ったバジルを摘んだら、なんだかちがう芽がにょきっと出てる。これは!三瀬からもらってきていたナツロウバイ。発芽しなかったから、そのままバジルの種を蒔いたんだった!うれしいなぁ。報告に行かなくっちゃ  ダンボの耳みたいな双葉  ちいさいピーナッツみたいだった種  双葉の間に本葉がニョキ!  ぐんぐん大きくなってきたから、そろそろ鉢をお引っ越ししないとね  魚焼きグリルで焼くとなんでも美味しい♪ネギマ  豚の生姜焼き  お肉屋さんの肉汁じゅわっハンバーグ  しゃけチキンねぎチャーハン  スタバの甘〜いフルーツクラッシュ&ティーでポカポカ。冬は紅茶がいいな  砂漠のバラも、やっとここに慣れてきた様子  猿恋葦に触覚みたいな芽がにょきにょき  アロエにも脇芽がにょき  ぷーんと風が好い匂い♪檸檬の花が咲いてる。ひとつだけ実ったみたい  来年のために、最後にバジルの花を楽しみ種をとる。  ミリオンハートの米粒サイズのかわいい花が満開  葉先が枯れてポロポロ散っていたローズマリー。いつも元気な存在が調子悪いと気になってしまう