食と暦|冬  ここに暮らして、4度目の年越しです。  19日に台湾に住む友人たちもお正月を迎え、どこも新しい年がスタート!  羊年のキューピーマヨ瓶は、せっせと編物中のキューピーちゃん  宮崎高千穂の鶏のしめなわを飾って、新年の準備です。  大晦日まで最高のお天気だったのに、お正月から大嵐の福岡。今年も初日の出は欠席で残念  かつお菜と鶏肉、丸もちのお雑煮  かつお菜のからしみそ和え 大根と人参の酢の物 紫だいこんの柚子三杯酢漬け 出汁巻きたまご かまぼこ結び がめ煮  年賀はがきの切手デザイン。おせちになっててかわいい  コレ、待ってました! 52円に+18円=海外葉書料金 SUSHIってとこが粋♪  火龍果(ドラゴンフルーツ) の切手は台湾からの新年カード  普通切手のデザイン一新で、青いコブハクチョウと緑のほととぎすがなくなってしまうのが残念。新3円のシマリス、5円のニホンザルもかわいいんだけども、この単色の雰囲気が好きだなぁ  三社詣りの福岡地元の神さまたちにごあいさつ巡りします。毎日窓から眺めている飯盛山の飯盛神社。下を流れる、室見川沿いの橋本天満宮。初仕事前に、さんぽしながら箱崎宮へ。  地元の人が元気で気持ちいい、飯盛神社。本殿と、裏の文殊堂にお詣りして、お母さんたち手づくりのふわふわきな粉餅を頬張り、武者餅をぶら下げて帰ります。地元の人がてきぱきと交通整理や仕事をしていて、新年からいつも気持ち好い、愛される神社。  知恵をお借りしたい、文殊堂のおまもり  大きな木々に包まれた、橋本八幡宮  お正月のしめなわ飾りを持って、野芥十日恵比須神社の宵えびすへ。商売繁盛のお参りをして、古いお札を新しくします。どんど焼きの火にあたりながら、おばちゃんたちがふるまってくれる博多水炊きでぽっかぽか。お正月気分のしめくくり  お正月がすぎた飯盛神社はもう節分に早変わり!大笑いのお多福と、赤鬼青鬼。  大忙しの愛宕神社の焼き餅屋の屋根の上、積もった枯葉のベッドでお昼寝中のノラちゃん...zzz  友人宅へ飛んで行ったとりスポンジは、ポットやお鍋のお手つだいもしているそうです。  かきのクリームスパゲティ  糸島のかき小屋から買ってきてくれたかき。すだちを搾ってまず生で。翌日はパスタに。落合務シェフのレシピで簡単本格風味です。  材料(2皿分) ー  かき/5ケ スパゲッティ/150g ベーコン じゃがいも/半分 たまねぎ/半分 ほうれんそう 牛乳/1カップ  1. かきの身を洗って水気を切り、塩胡椒する   2. じゃがいもを千切り、玉ねぎを薄切り  3. ベーコンを炒め、玉ねぎを加えて透き通るまで炒め、じゃがいもを加えしんなりしたら取り出す  4. 鍋でパスタを茹でる  5. フライパンに油を足してかきを炒め、具材をもどす  6. 牛乳を加え、混ぜながら5分煮て塩胡椒する  7. スパゲティを加えて混ぜ、最後にほうれんそうを加えてあえたら、できあがり  絶妙な旨味の韓国キムチチャーハン  チキンほろほろ、お裾分けトマトカレー。よそん家のカレーって気になる  納豆ねぎチャーハン  お裾分け、おつまみおでん  しっとり甘い、とまとライス  江山樓、王さんのちゃんぽん  中身はヤマタカ醤油だけど、キッコーマンの醤油差しが好きで愛用しています。商品パッケージってとこが魅力的。生活の記憶と共に生きてるデザイン、すてきだなぁ  三角神社、初午祭りみやげのおぜんざい  包みも味も素朴な日田のそば饅頭  ひいらぎのたいやきくん♪パリッと香ばしい薄皮にあんこぎゅっ!  佐賀、佑徳稲荷の稲荷ようかんは、花火みたいな筒につまった小豆ようかん。底を押すと、ところてんみたいにちゅーっと出てきて、糸で切ってぱくっ。この動作とセットで美味しいおやつ  農業まつりでお店番中、おとなりはお茶屋さんで、フライパンで煎る香ばしい茶葉の香りがずっと漂っていました。茶色いハンチングとエプロン姿がお揃いですてきな一家。おばあちゃんがずっとお茶を煎れてふるまっていました。おやつを手に入れては、美味しいお茶を頂きに♪  もちもち米粉の回転焼きと、白玉ぜんざい  カステラと言ったら、ザラ目糖の福砂屋。お菓子界のエルメスな雰囲気の、レトロな黄色い包みの箱。幸運の印の蝙蝠(こうもり)が飛ぶ。むかしも今も、ハイカラなおみやげ  小学生諸君。春から国語の勉強、いっしょに楽しもう♪  水に差して冬越え2年目のコリウス 白いひげみたいな根っこがちょろちょろと生えてきました。 土に植えてわっさわっさと元気に茂る春よ早く来い♪  金柑が...あぁ無惨! ひよどりに食べられ、迷惑な置きみやげまで! 気づいた時は残り1個。なんてこった  客家(ハッカ)の伝統花柄、紅布花のマスキングテープ  ルビーネックレスは、椅子から床に届きそうな長さになってきました。  脇芽が大きく育ってきて窮屈そうな黒法師  メジロが毎日アロエの花の蜜を吸いにやってきます。  一年間お世話になったやさいの時間 春の畑仕事のラストカット 外山たらさんのカラフルなお庭を見て、食べるお花を育てたくなりました。 春風が吹く季節が楽しみ♪  パタゴニアはフィツロイ、福岡西は飯盛山。夕暮れに浮かび上がる峰、わたしのランドマーク