食と暦|夏  ジーーーーッと昼夜ずっと大合唱していたセミの声に、カナカナカナとリズムがのっかってきました。ヒグラシの声を聴くととたんにさびしく感じます。未だエアコンのない我家。空気がどうも身体に合わないようです。でも、去年の猛暑を思い出すと生死に関わる非常事態!今年はどうするもんかと思っていたら、あら、めずらしく予想どおりの冷夏。台風もいくつかやってきて、風がびゅんびゅん部屋を吹き抜け、原稿が舞って大変なくらいでした。夏の暑さはなんだか調子が好い。夜、作業のひと休みに、頂いたパッションフルーツをすくって頬張る。果肉ゼリーのプルプルと種のポリポリ、濃厚な甘味と酸味がクセになる♪"百香果"って名前の通り、香りを食べてるみたい。...突然ピタッと蝉しぐれが消えて、それから虫の声が静かに響くようになりました。今年は雨と風の夏だったなぁ...   めんたいパスタ  かいわれ、大葉、ゴマたっぷり、冷やしうろん  唐揚げうどん!こんなんあり?と思ったら牧のうどんにあった!灯台下暗し  今年の夏はそうめんじゃなくて、うどんを毎日すすってました。広島オタフクソースのイカ天入り天かすがさくさくおいしすぎて、博多のふくやの明太ごまと黄金コンビ。キノコや葉野菜、飽きずに日々いろんな組み合わせを愉しんでいました。水水しい新生姜を乗せて、そろそろあったかい"饂飩"の季節。あ、うどん発祥地の博多うろんはやわやわです。博多弁の"うろん"って"烏龍麺"(中国語のウーロンミエン)からきてるのかな。最初聞いた時、烏龍茶葉を練り込んだ麺かしら〜ん♪と想像が膨らんだけど、「うどんのことだよ」って、がっかりしたのを思い出します。  どっさり頂いた鶏肉とピーマンで、青椒鶏肉飯。美味すぎっ  家ごはんは、汁物とごはんの碗ふたつに、ちょっとつまむおかずの皿、みっつマルくらいがちょうどいい。うっかり出汁が多すぎた出汁巻きたまごは、巻くのにひと苦労。箸でよせながら根気よく巻いていくときれいに仕上がる。お味噌汁にはありもの野菜と生姜をたっぷり入れます。夏は一晩冷蔵庫で冷やして、翌日きゅうりやお豆腐を入れて、ごはんにかけて薬味をどっさり、冷や汁風にしていただきます。  ハワイのコーヒー農園、Green World FARMS。期待が膨らむ、セクシャルチョコレートって名のフレーバーコーヒーを頂きました。ラベルを貼っただけのパッケージも好み。部屋中に漂うおやつみたいな甘〜い香り♪冷蔵庫でひんやり冷えたマンハッタンと、ナイス!なアメリカンコンビ。学生時代を思い出す。thank's!  完熟梅シロップは、うっすら桃色できれい  8月3日は祖父の命日祭へ。毎年、祖父のこと、戦争のことを思う日。今年九十八歳になった祖母からはもう聞けないけれど、母がたまに、ふとむかし話しをする。母も顔を覚えてないくらいちいさい頃に出征した祖父。亡くなった時、懐に2足のちいさい靴を抱いていたそうだ。娘と会う日を楽しみにしていたんだろう。先日亡くなられた、米倉斉加年さんが生前に、「戦争は政治的問題や平和問題ではない。人間の生きる話だ。」と言っていた。わたしもほんとうに、そう思う。  ちいさくてかわいい、松屋の梅最中。  KALDIの芒果布丁。パックの中からドゥルンと出てきて...ぷるぷる...  今年の夏も、木の葉モールの雑貨屋、WooLさんが声をかけてくれて、てのひらアルバム工作室を開きました。ちいさな子と、ママ、パパ、真剣なまなざしで作る姿がかわいい。自分の事を、なんて呼ぶかいつも悩むとこ。おばちゃん。おねえちゃん。先生。。。どれもピンと来ず。いつでも新鮮な工作室です。笑  材料の買い足しに、ひさしぶりの西新へ。先日シャッターが閉まっていた「あま太郎」が開いてる!おじさんもそろそろながら元気そうでよかった。キナコの匂いの袋をぶら下げて、足どりうきうき帰る。きなこレシピがしばらく頭を駆け巡る... あま太郎のきなこと牧のうどんの麺はなかなか減らない   厚紙端切れで、親子ブックを作ってみました。手描きの台紙に仲良く並んでいます。  オランダのクラフト雑誌、FLOW、待ってました!日本語版。アイディアの教科書です。  ウールの肌触りが心地好く感じだした夜。タテ糸ヨコ糸、紡いだ目がかわいい布。ぽこぽこの目を見てると、チクチク手縫いしたくなってくる  金柑の花が好いにおい♪台風にも振り落とされずに残った実がふくらみはじめました。  ひと粒だけ、檸檬がついてる!ミツバチくんありがとう  子どもがわんさか、ぽろぽろこぼれてこぼれて、中も外も大家族!両どなりのおとなりさんまで!気分を潤してくれる、水でできてる多肉たち  黒法師は太陽に向かって、葉が上向きになってきました。  冬濾しした2本の枝が、こんなにわっさわっさ。バルコニーにコリウスのピンクがあるとにぎやかです。  台所でおつまみジャーッと炒めながら、今年もたーまやー♪...電柱がちょっとジャマ  ずっしりうれしい食べごたえ、冷蔵庫でひんやり冷やした松屋の柚子最中。