野河内渓谷へ  "夏休み"というと、「1999年の夏休み」を思い出す。美しい風景、ピアノの音色、印象的なアイテム、男の子四人で過ごす夏休み。この映画を観た時、ちょっと先の未来は、なんだか懐かしくて、居心地の好い場所をずっと漂っているような不思議な感覚でした。2000年になってもう14年。あの時に感じたあの感覚は時が止まったまま、今もちょっと先のような、異世界なままそこにある。大人になっても子どもに戻れる場所。誰の心の中にも、ネバーランドは永遠に存在しているんだろう。"夏休み"はそれを呼び起こす魔法の言葉みたいです。子どもになって、さぁ川遊びへ!  目的地は野河内渓谷。途中の早良街道沿いにある、サンカクおにぎり屋根の"弁当屋"に寄り道して、おばちゃんの手づくり弁当を見繕う。夏休みの記憶にある渓谷。岩ごろごろの川沿いの山道を歩くと、湿った冷気の風がひんやり吹いてきて、びっくりの涼しさ。途中すれちがった釣り人親子に、急な登り道は行っても大変なだけだよと聞いて、遊歩道つき当たりでお弁当を食べることにしました。煮物や酢の物炒め物。ふだんのおかずに紅一点のウィンナー!(ひさしぶりに見た。笑)ごはんがたっぷりぎゅうぎゅうで、お腹いっぱい!しばらくは空腹知らずです。  流れのゆるやかな浅瀬で、靴をぬいで水遊び。足がびりびりしびれるくらい、川の水は氷水みたいに冷たい。足をばちゃばちゃしながらしゃべりながら、ひさしぶりの足の裏の感覚も気持ち好い。この空気をこのまま部屋にお持ち帰りしたい。下り道で赤ちゃんを抱っこしたおばあちゃんにあいさつすると、なんと、中国の人!いっしょに来ていた友人も、初めて会ったのは台湾だったから、3人で山ん中、片言中国語で立ち話し。なんだか不思議な縁を感じた土曜日の昼下がり。  暑い部屋に帰る前に身体の中も涼みに、ひさしぶりに日向峠のわかさ農園へ寄り道しました。メニューにはない、夏だけのお楽しみ♪いづみさんお手製のジンジャーエールと、店先で見つくろったお姉さんの作ったパンを焼きなおしてもらって、森向きのテーブルでいただきます。漬け込んで味がまあるく馴染んだシロップを、山崎の天然水100%のプレミアムソーダで割ってごくごく頂く。身体の中にじんじんと浸透していくのがよくわかる。みなさん変わらず元気そうで安心。  ジンジャー、スターアニス、クローブ、シナモン、カルダモン、レモン汁、鷹の爪にきびとうの甘さを加えて冷蔵庫でひと晩寝かす。ぺろっと舐めたらやさしいお味  台湾の友人、妙さんから、つづきの夏休みメールが届きました。中国の四川にある学校で過ごした後、3泊4日の亜拉雪山登山へ。自然、人、文化、風土、厳しさ、優しさ、偉大さ、メールからも、出会いの素晴らしさが伝わってきます。  在大營盤學校用鍋子和炭火製作出接近完美的brownie。準備明天帶到亞拉雪山野餐吃。在山上的brownie,大家用搶的,很好吃。/学校のお鍋を使った炭火焼きブラウニー。形も風味も格別美味しそう!  山上很冷。/高山はさぶい!  小童在寫生 ( 畫圖 )/子どもたちは写生中...  橋被雨水沖斷了,要騎馬過河。/雨で橋が流されたので、馬で河を渡ります。  第三天的早餐:牦牛奶製作的酸奶yoghurt + granola。山上牧民製作新鮮的牦牛butter、用butter炒的炒蛋、鍋盔、炸餅。/三日目の朝ごはん:ヤク乳ヨーグルト + グラノーラ、山岳遊牧民の作り立てヤクバター、ヤクバターのスクランブルエッグ、"鍋盔"ぶ厚いパンの様なもの、揚げ餅  チベット族の料理、食べてみたい  馬載行李和食物和帳棚....../馬に荷物と食物とテントを載せて  背後是亞拉雪山。/亜拉雪山(5820m)  遇到藏人帶著剛採的松茸。買松茸 秤松茸。晩上生火吃 松茸。/道中出会ったチベット人が持っていた松茸を量り買い。夜に焼いて食べたって!うらやましい〜  中国の四川省成都から、四蔵(チベット) 拉薩(ラサ) へつづく川蔵公路。総距離2000km以上の道を、いつか車で走りたいーーーそう結ばれたメール  謝謝旅游的心情!