草木花実  山吹色のミツマタの木  野菜みたいなラナンキュラス  ヴィオラ ムスカリ スイトピー  ステンゲーグル バーゼリア‥‥  冬の食物展 at CULTA  Lipsaris sereuscura リプサリス ケレウスクラ  フラクタル構造を思い出す姿 白い産毛があって、先っちょに赤いポッチ 白い花が咲くみたいだけど、蕾かな? 葦サボテンの仲間 サボテンて話しができるって本当?  Sedam Ruby necklace セダム ルビーネックレス  名前の通り、滴の粒を赤い糸でつないだネックレスみたい 寒い季節はルビーに色づく 枝先に咲く黄色い花も可憐 窓辺でいつも陽の方に茎が弧を描きます。 葉も茎も、曲線の動きにうっとり  STANDARD MANUALでサボテンの鉢を見ていたら、「ちょうど今、CULTAで植物展やってますよ」って聞いて、公園をぐるり廻って向かいのお店へ。福岡ではよくこんな風にすてきなお店がつながっていきます。CULTAさんで活版の話しを聞いていたら、横山さちこさんが娘ちゃんと戻って来られて、今度は植物の話し。このごろちょっと元気のないミリオンハートの水やりの事とかも。つづけてやって來るお客さんで、おやつおあずけ状態になっちゃった、ソファにちょこんと座る娘ちゃんが可愛いらしい。温室にいるみたい、そんなのんびりと優雅な植物展でした。今度はふだんの活版屋 CULTAを訪ねてみたい  CULTA Letterpress & Silkscreen Studio  ドイツの活版印刷機だそうです。  活字ってたまらない魅力  今年の年賀状だというカードを頂きました。クールな N.Y.の地下鉄ロールサイン風。N.Y.の Subway や LONDONのTUBE、タイポグラフィや車内デザインの歴史はかっこよくてとっても興味深い世界  シックなお店がぽつんぽつんと点在して、点をつないでさんぽしながら巡るのが気持ち好い、須崎界隈  STANDARD MANUAL Household goods  世界のアーティストを訪ね旅する"knock" 魅力的な人が世界中にはいっぱいいる その人の人生そのものが作品だと思う Studio Journal knock: CALIFORNIA  秋に三瀬ファームで頂いたカモミールは、鉢からあふれんばかりにもこもこ茂って花芽がついてます。  今年もおいしくいただきました。  ローズマリーが満開!ミツバチも5階までやってきます。  ずっとこのまんまですけど、いつ開くんでしょう?  ドライ中‥‥レモンバーベナとヤドリギ  今年も頂いた球根から元気な芽がにょき!ピンクの花だったらいいなぁ