ミツセドライブ  三瀬峠にドライブに出かけたら、いつも寄り道する産直売所"マッちゃん"。野菜や果物、お花にお豆腐、茶葉にお惣菜。三瀬の好かもんをうろうろ見繕うのが愉しい。ふわ〜んと一角から珈琲のいい香りがしてきました。隅っこにいつの間にか開店していた江崎珈琲店。メニューは中味(チュウミ)と深味の2種類。エチオピアの生豆を、自宅の台所で少量ずつハンドローストしているという。注文すると、瓶に詰められたツヤツヤのお豆を皿に取り、選り、挽いて、お手製のネルドリップでいれてくれます。屋台とおなじで洗い場がないから、ネルフィルターがたくさん用意されていて、紙コップで出てくるコンビニエンスな本格珈琲。こだわりのある店構えの珈琲店もいいけれど、屋台の店ってそれだけでわくわくしてくる。お客さんも、珈琲好きな人から、ふだん珈琲なんて飲まないお年寄りまで、いろんな人に味わってもらえるのがうれしいと言っていた江崎さん。じわりじわりと話す雰囲気が、珈琲みたいな人です。  自分で書いたという、模造紙に墨文字の看板も好い味  紙コップ入りの贅沢な1杯  いっしょにハーブの勉強をしていた友人と、三瀬峠にあるハーブガーデンミツセファームへ出かけました。好きでつながる間柄は、しばらくぶりでもすぐにスイッチが入る。笑 お目当てのレストランはお休みでざんねん。ハーブをたっぷり使った田舎風フレンチはソースも美味しくて、うっすらきみどりのバジルパンで、最後まできれいにペロリとたいらげるほど。お皿がパレットみたいなデザートもうきうきします。ここの料理を食べてから、ハーブ料理が大好きになりました。野菜のように身近に感じるハーブの美味しさ  マーガレット、カモミール、フィーバーヒューは大きさがちがう似たもの花  赤い花が揺れてかわいい、クリムゾンクローバー。土壌も豊かにしてくれるすごいやーつ  目をこらすとワイルドストロベリーの実がいっぱい  葉、花、実、皮、ぜんぶ香辛料に使える優れもの山椒  銀白色の綿毛に覆われた、ビロードみたいな肌触りのラムズイヤー。ひつじの耳みたいな気持ちいい葉触り  丸太小屋のハーブショップに入ると、天井に草花がいっぱい!好い香り...可愛いくて役に立つ、ハーブって魅力的  ブレンドがいい塩梅のハーブソルト  うっすら赤い花色が可愛いバスハーブ  グラム売りの手づくりハーブせっけん  タンポポもハーブ。綿毛飛ばないの?  ハーブティー、リバプール。中身もパッケージも手づくりの素朴さまんま  しっとり潤うセージの石鹸。たっぷりダブルセージを♪  手づくりハムとソーセージ工房の"イブスキ"でお昼ごはん。分厚いベーコンとローストポークをチョイス(ひとつ550円) サンドウィッチにかぶりつくと、さくっと香ばしいパンのあと、じゅわっと肉汁が口の中いっぱいにあふれ出す お肉の味がはっきりとわかる美味しさ ほおばるたびに顔がほころんでたまらん! ドイツに暮らしていたともだちも大満足の様子でした。  わかさ農園に寄り道して、甘〜いオレンジパンをいただきます。  かなたけ写真コンテスト開催中! かわいい写真がいっぱいで顔がゆるむパンフ 金武の道ばたにいる"おはようおじさん"と"ありがとうおばさん"の話しでいづみさんと盛り上がる。笑  帰り道、クラフトの店、梅屋さんに寄り道すると、まあこさんが森のテーブルにお茶を出してくれました。みかんの花の甘い香りが漂うお庭。用水路を、山から田んぼへ勢いよく水がザーザーと流れています。そっか、田植えの季節なんだな