柚子胡椒を買いに秋月へ  さて、今年のお花見はどこに行こう? ちょうど大好きな柚子胡椒も切れてきたことだし 去年行けなかった秋月へ 元気なおばちゃんに会いに行こう! 花日和の日、ちょっと早起きして車でドライブして出かけました。 通り道にはいつもの寄り道スポットもいっぱい! まずは、パンのナガタでハンバーガーを頬張る 腹ごしらえしたら、一路、秋月へ♪  ここでしか食べられない大好物のナガタのハンバーガー♪分厚いジューシーなハンバーグがごろっとはさまれた贅沢手づくりバーガー。うーん、最高!  ハトマメ屋にも行ったんだけど、水曜店休日!残念  秋月と言ったら久助の葛。 暖簾をくぐって古い日本家屋に入ると 流れる空気がひんやりと頬に気持ち良い 葛もち、葛湯、ごま豆腐、葛きり... お抹茶といっしょに頂けます。  葛根を冷水でさらして作る日本伝統食、葛。天然故に風味は気候で違う。職人の匠の技で作り続けている廣久本葛。  燕が梁に巣を作ってる  葛湯の小さな袋がいっぱい。冷え性やお腹に○  寒根葛の根を砕き、沈殿した本葛を 秋月の名水で晒した、真っ白な天然の葛粉。 一年寝かして粘りを出す、長い時間と技で作られた本葛。 いつ食べても変わらない、十代つづくこだわりの美味しさ。 葛の葉は家畜が食べ、ツルで籠や布を作り、花と根は漢方薬に、そして葛粉へ。 生命力を生活に取り入れる昔からの知恵。 秋口に山歩きしていると、ふわっと甘い香りがしてきます。 見上げると色鮮やかな葛のピンクの花。 足取りが楽しくなる秋のはじまり...  田舎に行くとあちこちに気になる看板や商店。笑  秋月のメイン通り、杉の馬場。昔は秋月城へとつづくお成り道。両側に並んでいた武家屋敷は 今は土産屋さんが連なるにぎやかな通り。良い匂いがぷーんと漂ってきます。  おばちゃん、元気だった? 変わらない笑顔と、変わらない手づくりにうきうきうれしくなる。 旬の食材、茶葉、調味料、保存食、穀物、米、漬物 おばちゃんにひとつひとつ話しを聞きながら吟味。 でもやっぱり話しを聞いちゃうとどれも食べたくなる。 去年車に追突されて腰を痛めちゃったというおばちゃん 仕込みしなきゃいけないのに...って 元気じゃないと作れないんだから、身体を大事にしてね 家族の顔を見に行くような、そんな場所  水に茂るクレソンと田ゼリ。おばちゃんの摘むものは緑が青青と活き活きとしていて美味しそう!  赤黄の唐辛子、天然のニガリ塩で作られた柚子胡椒。 博多では何でも柚子胡椒!笑 大地のめぐみを大事なあなたへ 益ちゃんの店   ふきのとう佃煮  紫蘇の実塩づけ  塩味控えめの梅干し  秋月城跡にある!樹と山に抱かれた秋月中学校  樹々の下に座ってお昼ご飯  古い趣の貸し別荘  黒門茶屋で蕎麦定食。柚子胡椒を入れてピリッと美味。 郷土土産を物色するのも楽しみなお店  おさかなたわし  竹スプーン  つくしがまだあった!  山野草の苗屋さん  ブルーベリー蜂蜜のソフトクリーム  眼鏡橋がかかるクレソンが茂る川  帰り道にあった可愛い林檎のベンチ  帰り道に秋月公園に寄り道。桜が満開で、夜桜花見の準備中でした。  ぺったりくっついてきた野良。にゃー  秋月で買った葛もちを持って公園へ さぁ食べよう!と思ったら楊枝がない! ふと見ると芝生に落ちてる桜の小枝 適当にぽきっと折ってぷるんぷるんの葛を頬張る さらさらきな粉と黒蜜が絶品! もちもちなのにさらっとひんやり爽やかで美味しい 足下でにゃぁにゃぁ、くれくれ にゃんこにもちょっぴりお裾分け ...お口に合わなかったようです。笑 美味しいんだけどなぁ 気持ちもお腹ものびのび大満足の一日