スプリンローリン  二日前、山の方からもらってきた桜の枝は 窓越しの春の陽にあっと言う間に満開。 見下ろすと川辺の桜の樹はまだまだ固い小さなつぼみでほっ 愉しみはもうちょっとゆっくりゆっくり 待ち遠しかった分、じっくりとね 来週早々、いよいよ桜の開花予想の福岡。 今年は去年の春の分まで歓びひとしお。 遠き地にも歓びがあふれますように...  春休み、入学式、引越し、あちらこちら慌ただしくも なんだか長閑で楽しいリズムになってきた♪  今年も一足遅かった土筆摘み。毎年自然には追っつかない  ひゃーーっ!生きる知恵ってすごい!  頭の上でピチチチ...空高く姿は見えないヒバリの声。土を耕す音。遠くに小学校のチャイム。土の匂い、風の音。眠ってた感覚も一斉に目を覚ます。  水にさらして湯通しして炒める。春の苦味好きな私としては湯通しはしない方がいいかな  佃煮と味噌煮。お酒とご飯がすすむすすむ♪  窓を開けて料理するのが気持ち良い季節になりました。  頭と袴を取って下ごしらえ。手が真っ黒!!  一番好物はオリーブオイル炒め!採れたての格別な味。  台所の西陽でひよーっとノッポに育ったヒヤシンス。頭が重くてどんどん猫背になっていく。台所で音がするたび救出に向かう。笑  多肉も新芽がにょきにょき、子だくさん!  ほうれん草とソーセージのパスタ  橙酢と黒胡椒の春キャベツサラダ  ライ麦パンのターンオーバー玉子トースト  鶏の生姜照り焼き  車を運転中、ふと目に入った酒屋の"大吟醸の酒粕入りました"すぐさまUターン!新鮮粕汁でほろ酔い♪  残りの酒粕で、胡瓜、茄子、人参の粕漬け  おはぎ作るからおいで〜♪とメールが届いた春分の日。 お寺で和尚さんの説法を聞いた後伺うと 炊きあがりの餅米の良い匂い 擂粉木でちょっと練ってあつあつをあんこで包む。 春は"ぼた餅"(牡丹餅)秋は"おはぎ"(御萩)だそうです。 花の頃で呼び名がちがうなんて粋  晩ご飯はお寺の炊き出しお弁当。おこわと煮物。  とりたわし編み編み中...桜羊羹でイップク。下に何かあるようです。笑  kurakura食堂のsweet springと八朔のジャムは苦味が絶品!夕暮れ時、西向きのキッチンでお茶を飲むのが至福の時♪  鉢の主よりももくもく茂ってきた野草。実家で植え替えると、土にいろんな種が混じってやってくる。  オキザリス  ふらりとドライブがてらいづみさんを尋ねて行くと、せっせと庭仕事をしているところでした。 青と白のいろんな種類の花の苗を植えて 大きな樹にハンモックをかけて、夢の庭づくり構想中とか 見上げるとカラス夫婦が木の枝をくわえてきて巣作り中 「あ!ヤドリギ」...巣の向こうに双葉の姿。 門の前に置いてたヤドリギリースの実を鳥が食べたのかなぁ そんな他愛のない事を話しながら わさわさと茂ったすてきな庭を思い描く  さぁ、そろそろ帰ろうかと思ったら車に袋が。中にはお姉さんが作ったベラベッカ。木の実やドライフルーツがぎっしり!  Lynnちゃんのだんなさま、小比のパパ、Evan。 Evanはカメラマン。 夏に開く写真展 "通住職人的道路上"に向け 台湾の職人、アーティストを日々尋ね、写真を撮っているとか 版画家、金細工職人、珈琲豆焙煎所  メールにくっついてくる写真に心躍る日々。  from台湾 Evan  "潤餅"ルンビン                   春捲、spring roll。 日本の春味、土筆の写真の返信に届いた台湾南部の春味。 4月のはじめ、清明節に家族でお墓参りをして その後、みんなで思い思い具を包んで食べる。 台湾で2度食べたけど、もっちり薄い皮できゅうきゅうに 沢山の種類の野菜がぎーっしり詰まっていて絶品! ピーナッツの粉が入ってるのが台湾らしい 大好きな台湾菜