惑星の名の醤油  磨りガラスだったり、緑色だったり茶色だったり、まちまちで好い顔のリサイクル瓶  友人と三瀬までドライブしながらイブスキのサンドを食べに向かっていた263号線。信号で停まってふと路地を見ると、小学生がいっぱい!何?何?興味シンシンで車を停めて覗きに行ってみると、醤油を仕込んでいるところでした。ヤマタカ醤油はふだんから我家の食卓にあって、地元近所で醸造している事は何となく知ってたけど寄り道するのは初めて。エプロン姿のおばちゃんに見学許可をもらい(笑)小学生に混じって職人さんたちの仕込みを眺めることに。質問びしばし、子どもより食いつきの良い大人...笑。子どもたちが育てた大豆を醤油にするために仕込んでいる最中。蒸した大豆に、炒った小麦と麹を加え、室で発酵させるそう。この発酵が要で、社長さんが3日3晩麹につきっきりになるんだそう。それから2年熟成させてやっと本醸造醤油ができあがる。微生物が長い時間かけてゆっくりと熟成する醤油は、色も香りも味も最高級だそうです。彼らが制服を着るようになる頃、きっと深く好い味わいになってるね  炒って砕いた小麦と麹菌を、高温で蒸された大豆と混ぜる  木の箱に入れ、麹室(むろ)で醤油麹に変えていく。  煉瓦の麹室でストーブにやかんをかけ、高温高湿度で3日つきっきり寝ずの番!  醤油麹に食塩水を加えた"もろみ"を木桶で発酵させる。耳を澄ますとぷちぷちと生きてる音。麹菌が、大豆のタンパク質を旨味に、小麦のでんぷんを甘みにしている音。えひめAIといい、微生物って見えないけどすごいなぁ  昔ながらの商標は素朴で潔い。ラベルデザインも可愛い  冷蔵庫に常備しているヤマタカぽん酢 ゆず果汁がまろやかで汁までぐびっ 生野菜にかけてじゃくじゃく♪  フリーズドライのお味噌汁は本格的な味噌の美味しさ  利き醤油もさせてくれる。きりっとしたふだん使いの"木星"に、とろっとした"火星" 一升瓶で700円前後。月星、水星、土星、地...どうして惑星の名前なのか尋ねたの に肝心な答えを忘れてしまった。惑星醤油セットを作ってほしい。九州の甘め濃い味好きな人にはおすすめ!海鮮漬けたれ、焼肉のたれ、丼のたれ...気になる瓶多し。   ちゃんぽん麺で初めてちゃんぽんを作ってみる。ばりうま!笑 焼きそばもナポリタンも、うちでは何でもちゃんぽん麺です。  材料を全部入れてことこと煮るミネストローネ トマトの酸味がいつも気になるところ。 蜂蜜を加えてみたり、みりん、ケチャップ... 味見しては好みの味を見つけて行くのも楽しい  コウケンテツ「弁当」弁当と言ってもふだん料理と変わらず、ただ箱に入れるかどうかの違いか。となんとも楽しくなるコウさんならではの味わいあるメニューたち。たこウィンナーのゴマ、私も付けずにいられません。笑  車で通る路にパン工房"ヒュッテ"の文字。さっそく買って帰ってすぐ、残りのスープに浸して食べてみたら絶品  ぱらぱら加減も大成功!のたまごチャーハン  4日過ぎた玉子...だったので両面じっくり目玉焼き丼  にんにくの芽と茄子の和風パスタ。麺つゆが隠し味  ふらごはんで晩ごはん。今夜は鯖フライ!  とろっという食感が苦手なので初めて作ってみたフレンチトースト。グラニュー糖でカリッと香ばしく焼きます。  塩焼きそばってこんなに美味しかったの!?レモン汁とにんにくが後ひく旨さ!ウェイパーの良さが分かってきた