感謝のかみもん市  博多の年末と言ったら、商店街に一斉に吊りPOPがぶら下がる「博多せいもん払い」"誓文払い"とは、博多商人の日頃の商売の感謝祭。商売の神様、お客様への儲けなしの感謝の売り出しなのです。と、かみもんせいもん払いとしたのは後付けで、きっかけはこの夏の引越しであからさまになった大量のミスプリや紙片。年の瀬だし冬は誰かに文したくなる季節。じゃあといくらちゃんも文具もん福袋を作ろうということになって、歳末師走のどたばたセールとなりました。赤いお面は博多どんたくでお馴染みの"博多仁和加(にわか)"。面白い言葉のオチを付ける、博多弁言葉遊び。大笑いというよりくすっと笑ける日常会話のやりとりです。にわかせんぺいのCMのおかげで、この面を見ると博多の人は「ごめーん」て思っちゃうのです。笑  寒い中雨降りの中、遊びに来てくださってありがとうございました。ごめーん  かみもん記念スタンプ ご自由にどうぞ 彫り師いくらだんなさん作  ことりポチ 活版みたいなフランスの鐵スタンプを 一字一字刻んだカード入り カラフルな年のスタートを  に○かタグ 片耳ゴムでメッセージをきゅっと結んで ごめ〜んな時もありがとうも  おうちカード おうちを引き抜くとメッセージ 紙ハギレのミニ版も作りました。 プレゼントにぶらさげて♪  今までのミスプリパック。2003年物まで!  ふゆレター ひと巡りして雪玉ふゆレターの季節。郵便局のスワン葉書もどうぞ  ことりや福袋は、出血大サービスパック!  おひるごパン お昼ごろふらっとおじゃますると パンとお茶をささっと用意してくれる。 いくらちゃんセレクトは太鼓判の美味しさ。 サイラーのカイザーセンメルのサンドが絶品! ハムもカツもパンも、本格な味に唸る。 うーパンはみんなでわいわい笑顔になる味。 作業の手を止め、しばしおしゃべりランチ これが楽しくってやってるのかも 居心地良すぎる、いくら家リビング  いくらパパは何でも作る!段ボールの駒の将棋板  晩ごはん(までごちそうさま) 子どもたちとあーだこーだ言いながら囲む食卓。 玉子大好き響希くん。 つむちゃんは手羽のゼラチン好き ?  パプリカとカリフラワーのピクルスが美味! 響希くんのマッチョ計画のため 野菜12品のお弁当づくり中! とかで、おかずいっぱい豪華な食卓♪ 母はすごいゼ!おかわりしまくりまくり リビングに跳び箱のある家はそうはないよね!笑