小小展覧完成啦 ちいさな展覧会のできあがり  5月から7月にかけての2ヶ月間  台北のBoodayCafeでのちいさな展覧会。 台湾の友人たちに手伝ってもらって始まった展覧会は、遊びに来てくれた人が、選んだ絵葉書で誰かに書いた"夏天的信"、夏の手紙を福岡から台湾へ送ってようやく終わりとなりました。(ちゃんと届きますように‥‥) いろんな人とつながって、あたたかな展覧会でした。太謝謝你了! どうもありがとう!  展覧会が終わってまた福岡に戻ってきた明信片(葉書)。「ただ今、日本旅行中!笑」とか、「今度はいっしょに福岡を旅行しようよ」とか、「この葉書は私の代わりに3回も旅するんだよ!」とか、言葉がいっぱい詰まった洒落た夏の手紙に顔がゆるみました。(宛先を書きながらちょっとだけ覗き見)友だちに恋人に、両親に故郷に、大事な誰かに届ける幸せなお手伝いをちょっとだけ。  謝謝你的足跡  旅の展示をするたび、旅の楽しさもそのまま味わってほしいなとずっと思っていました。 そしたら昔から大事にとってある絵葉書を思い出しました。 旅先から届いたもの、旅先で買ったもの、旅の空気が詰まった大事な一枚一枚。 文字を書いて切手を貼れば誰かに届くし、部屋に飾ると、眺めるたびにいろんな場所に連れてってくれる。 旅のスナップを絵葉書にして壁じゅうに貼りました。 訪れた人と、写真を通して旅の土産話しまでできちゃう、なんて楽しい! 絵葉書を眺めながら、わたしもまたいっしょに旅をしています。  古道具屋で見つけた観光絵葉書。誰かが押した旅先のスタンプが大事な思い出だったんだろうと思います。  ちいさな頃に家族で出かけた福岡市動物園の絵葉書。じゃばら折りの動物葉書が可愛い  Kiyota ShigekiさんのNobiru絵葉書ブック。百道浜、能古島、植物、月夜。なんとものどかでカラフルな世界。ずっと大事に持っています。  旅から戻ってしばらくしたら、みんなに手紙を書きます。今回はいっぱい撮った写真も絵葉書にして袋に入れて旅の絵葉書セットにしました。小さな真鍮のカードスタンドも添えてプレゼント。あの人のそばで、ほっと微笑んでもらえるような、いつまでもそんな一枚でありますように。  2週間の我家、好様VVG BB+B  桃を煮詰めていたbeherさん  マングローブの樹の下でピクニック