タイワンみやげ  台湾のBoodayCafeでの展示が終わり、今度は日本で台湾みやげを開店中です。台湾には手づくり雑貨や仕事の作品、日本の古道具や工芸品、お茶、日本で撮った絵葉書を持って行きました。今度はその逆、台湾で見つけたmade in 台湾物、台湾茶、そして、今回の旅で撮った絵葉書を壁いっぱいに貼って、訪れた人と台湾のことをあれこれをおしゃべりしながら過ごしています。半分終わって折返し、今週の水木金土まで開店しています、旅気分を感じに来てください。8/27(土)は、ことりや文具店のご近所、額ぶち屋DECOの、毎夏恒例の"ブルーベリーの夕べ"です。今年もみんなでわいわい、ブルーベリーかき氷を食べて涼みましょう。台湾みやげ店もこのまま移動して、夏の間はDECOでひきつづき開店しています。どうぞふらりと寄り道してみてください。  富田さんがデザインに忠実に曲線や羽根にこだわって作ってくれたことりやクッキー型 親子で焼いてくれたspoonfulさん  台湾茶といっしょにどうぞ  剪紙:切り紙 七月七日。 きょうは七夕だから短冊におねがい事を書こう♪と色紙に書いていたら、いくらちゃんがそういえば、と出してきた中国土産の切り紙の本。やりたいやりたい!というつむちゃんひびきくんといっしょにちょきちょき‥‥。台湾店のトレードマークのりんごや、MOGUTシャツ、ことり‥‥  カラフルな切り紙がいっぱい!お店にも飾っています。  ちいさないくらちゃんが椅子に乗って貼ってくれた旅の絵葉書たち。これは何?懐かしく思い出しながらいろんな人とおしゃべりしています。  紙屋さんに注文していた絵葉書の用紙を閉店間際に受け取りに向かうと、博多の夏祭り、山笠のかき山がお店の前にあって通行止め!! ぐるーっと遠回りして祭り渋滞に巻き込まれながら、帰ろうとしていたお店の人をつかまえ、なんとかセーフ!追い山慣らしの勢い水がアスファルトを濡らして熱気むんむんの博多部。福岡に夏を呼んでくる博多祇園山笠  去年、東京ー福岡を2ヶ月旅したtiffy。今は台湾島にある84軒の村を巡っている最中。農村の母"田媽媽"(ティエンマーマ)の味を書にする仕事。地産、自然、伝統、文化‥‥ 日々貴重な体験をしている様子  宣蘭(イーラン)の一佳村手づくりの點心(おかし)。お豆や穀物、米菓子をお砂糖で固めた素朴なおやつ  犬好きの私にjerryが描いてくれたバッグ。キリン好きなちっちゃな女の子。  "新色發現!"Mayちゃんが見つけてくれた市バッグ。いつも狂い買いしているイメージがあるらしい。笑  花蓮(ホワリェン)のブックレット、"o'rip"(阿美族語で生活の意味)土地に根付いた情報がいっぱい  台湾のシンガー、雷光夏。物語が広がるサマーレイの唄の世界  小包:こづつみ "メイドイン台湾"が好き!と言うと、下調べをしてバイクでぶーんと連れてってくれる chia。日本に帰ってからもあちこちで好きそうなものを見つけてはちょこちょこ送ってくれるカメラ好きな男の子。  "無第二件相同"ふたつと同じ物がない、オンリーワンの版画ノート。カラフルで可愛いから送らないと!と小さなクリップといっしょに。笑  この記号は何?漢字の読み方(発音)、"注音符号"です。日本の"あいうえお"みたいなもの。中国のアルファベットの"拼音"は誰でも発音できるけど、台湾は暗号みたいでちんぷんかんぷん。だけど不思議な可愛さがあるんです。  日本をずっと愛してくれている台湾。少々のことは気にしない懐のあったかさ。すぐ側にいる人懐っこいありのままの台湾。台湾を愛し愛されている青木由香さんコーディネイトの、愛情いっぱい魅力たっぷりのガイド♪榮倉奈々や蒼優ちゃんのいる台湾の街角は輝いてる!笑  人の数だけ旅があって、同じ場所でも見るものが違う。いろんな人の旅を知り、また違う自分の旅をする。わたしの旅も誰かの旅へとつながるとうれしい。台湾島を隅々まで巡りたいな♪