展覧会の前日  Booday閉店後に台湾のともだちたちが仕事を終えて集まってきてくれました。明日から始まる展覧会の準備にとりかかります。いつも帰りにお土産をいっぱい詰めて帰るためのからっぽの大きいトランクも、出国から空港のカウンターのお姉さんに「少し出して手荷物にされませんか?」とお勧めされるほどのヘビー状態。今まで作ったものコレクション!て感じで好きなものをぎゅうぎゅうに詰めて出かけました。荷物も気持ちも、出発前からずっとヘビー級の5回目の台湾旅です。  日々のスナップ写真をプリントした絵葉書。ぜんぶちがう200枚以上の写真をみんなに貼ってもらいました。タテヨコ位置があるうえに、色が重ならない方がいいなぁ〜という注文に、壁と机を見比べながら作業する姿が微笑ましい。以外とむづかしいんです、コレ。(日本での台湾展の時、逆バージョン体験済み)みんなで作業すると、その分思い入れも深く愛着が沸いてくる。帰ってからライトがハートなのに気づいて嬉しくなった、愛情こもった窓辺になりました。  2ヶ月の日本旅行本を出版したtiffy。赤ちゃんが生まれたばかり、可愛いママLynnちゃん。いつも背中を押してくれる、写真活動を始めたchia、Luanne。おしゃべりしながら下準備中‥‥  「微光旅行」 陳亭心 日本旅遊興農場換宿的生活手記 MOGUデザインの装丁も可愛い 誠品書店、Boodayで発売中  6.11-22 在台北市富代人文藝術空間  BRUTUS表紙でも衝撃的可愛いさだった「未来ちゃん」写真展  ハオチーシャオチー  潤餅(ルンビン) 薄い皮でしゃきしゃきの旬野菜を包んだ、台湾風クレープ。ピーナッツの粉も絶妙。氷やおにぎり、沢山の具の味を美味しくまとめる妙って天才!って思う台湾フード  滷味(ルーウェイ) tiffyが差入れに持ってきてくれた、台湾B級グルメ代表!好きな具材なんでも煮込み。だからみんな茶色い‥‥笑。八角の効いた甘い醤油スープ風味がだんだんと"懐かしい台湾味"になってきました。練り物や高野豆腐、モツ、豚の血まで!最初は衝撃的な出会いでした。  麺線(ミエンシェン) そうめんみたいな細い麺と煮込んだ大腸とカキを、とろっと鰹出汁のスープとずるっとすする。モツ好きな人にはたまらない。(らしい)  初日開店前、ぞくぞくと出勤してくるスタッフ。やってきては2階で足を止め、一言、声をかけてくれる。今ではもうなつかしい家族みたいな面々。カフェの小二が入口に写真を下げてくれて、準備万端。小二(シャオアール)の作るティラミスはいちばんの好物。働き者の台湾の仕事場を覗くのがいつも楽しみです。今回もあっちこっちで迷惑かえりみずおじゃましてきました。  ふわっとミルクが美味"いつもの"ラテ  ととかざりを気に入ってくれたmonique  初日の夜はてのひらアルバムを作るワークショップ。
ともだちのアンリカさんとtiffyが台湾語で話してくれて、のんびりと楽しい一夜になりました。MOGUとこんなに仲良くなるきっかけにもなったちょうちょブックです。  ある日、待ち合わせていたBoodayにやってくると、マレーシアからのたくさんのお客さまに遭遇。‥‥そのままお店の前に立たされ、なにがなんだか分からないまま撮影大会に突入。笑 最後にMOGUのみんなも出てきてぱちり!Boodayを訪れるたび、良い仲間だなぁ〜とうれしくなります。おもしろい人たちはおもしろい人たちを呼んで、どんどん友だちがつながります。  Booday 小二 zooey monique show sarah xiaobin TOM mimi 宏光 Lynn uncle anrica tiffy Luanne and chia‥‥多謝!