パッパライライ  お店をしたいなぁとカップ片手に聞いていた時から、桜坂のアパートで始めたちいさな畳のお店。警固の古い一軒家に引っ越し開店したpapparayray。きちんきちんと暮らす姿勢が気持ち良い、りえちゃんまゆちゃん姉妹のやさしい料理店。  りえちゃんの作る料理は旬の野菜やフルーツの持ち味そのまま。真っ白なお皿の上がカラフルでうきうきしてくる。妹のまゆちゃんが作る季節のパンはいつもちいさな驚き。秋に頂いたパンは新鮮なみずみずしい新生姜がたっぷりで、顔がほころぶ美味しさでした。  メニューの上から下までぜんぶください!ってくらいあっと言う間にぺろり。カリフラワーグラタン、トマトトースト、クロックムッシュ。  メレンゲみたいにふわんと口の中に溶けていくレアチーズケーキ。バナナのパンケーキは懐かしい甘さ。  ことりや文具店、いくらちゃんお誘いの年の瀬ごはん。1階を見下ろす吹き抜けの2階ソファー部屋に移動して、珈琲をいただきます。シュトーレンをつまみながらおしゃべりしてたら、山のコテージにいるみたいですっかり時間を忘れていました。  オリーブがアクセントのポテトフォカッチャ。料理に合う食事パンが美味しい。ランチで3種類くらい味わえるのがうれしい♪  珈琲を焙煎するのはパンを作るまゆちゃんのだんなさま。一粒一粒丁寧な焙煎を感じられる美味しさ。ぷくーっと粉が大きく膨らんで、幸福な余韻が広がります。  papparayray 福岡市中央区赤坂2-2-22  ランチ 12:00〜14:00 / カフェ 14:00〜21:00 第1月・火曜休  昼は焼立てパンと季節野菜のコース仕立て1600円のみ 喫茶時間はケーキと珈琲、ワインで優雅に 通りも静かになった晩はお酒とアラカルトを‥‥   かおり荘の頃から、りえちゃんの台所仕事を見るのが好き。クロックムッシュのホワイトソースを塗っているところでした。