買物に行くたびスーパーでちょこちょこもらっていたムーミンのシール。スナフキンやミイ、ママ、パパ。とっておきたいような可愛いシールを集めて、ムーミン65周年記念カップをもらいました。うっすらパールの四季柄が揃ってかわいい。広島であっていたムーミン展のおみやげにもらったのは透明のムーミンカード。美術館とムーミン谷博物館所蔵の原画やスケッチ等が展示されていたとか。トーベ・ヤンソンが絵の隅っこにサインのように描いていたという愉快な生き物。特別ムーミンが好きってわけじゃないんだけど、なぜかじわりじわりと集まってくる不思議なムーミン一家。
群馬に引っ越した友だちから届いた小包。中からお菓子がざくざく!ずーっと飲んでみたかった栃木のレモン牛乳も冷して届けてくれました。無果汁のレモン牛乳?ついでに飲んでみたというともだち曰く、レモンケーキをジュースにしたみたい。そう、そんな感じ!レモン味ミルクセーキって味。なかなかわたし好みな駄菓子屋さん風味。ロゴや色合い、レモンの絵のパッケージもいい。もともと栃木の関東牛乳が製造していたものを栃木乳業が味を継いで"関東栃木"の商標とか。
グーテ・デ・ロワ:王様のおやつ。というだけあって、きめ細やかで上品なラスク。食べ出すとやめられない。ホワイトチョコのコーティングも贅沢
製糸の街、群馬富岡。お花模様の箱にきれいに並ぶ真っ白な繭の葛湯「まゆこもり」。口の中にふわんと消えます。
お土産に頂いた中国の唐辛子油  「油溌辣子」ヨーボラーズからめて炒めたり、そのままかけたり麺と混ぜたり、付けだれに足したり‥‥  
きりっと料理がしまる万能タレ。  お土産気分いっぱいのおもしろパッケージ♪
日本初公開作品目白押し、福岡アジア映画祭2010。わたしが選んだのはこの3本
「一頁台北」 オーボワ台北   パリに行ってしまった彼女に会いにいくため、毎日書店でフランス語の教本を読む青年と、書店店員の女の子のドラマ。
「菜花大道」 ミツバチ・ジプシー   トラックいっぱいに詰み込んだミツバチの巣箱と共に、一年中中国の大地を旅しながらハチミツを集める一家。さまざまな花を求めて旅するジプシーのような。
「孔子」   古代中国の思想家、儒教の祖である孔子の人生を描く。孔子を演じるチョウ・ユンファ。主題歌はフェイ・ウォン。
ぷーんと良い匂いがする箱が届きました。ぱかっと開けたミミにさらりとお手紙。気持ちがストレートに伝わってくる。詰まっていたのは新作のパンと、東京土産。さっそくパンをかじりながらまめぐい(かまわぬの小包み)の包みをほどくと、世界地図の染め布でした。中には新ブレンドの香り深い珈琲豆「日向ブレンド」。とたんに旅気分がぐんぐん上昇♪また夏の台湾へ行くべく、旅の準備真っ最中なのです。
美味しい楽しい面白い♪ 台北のちっちゃい楽しみがぎゅーっと詰まった本。私もちょっと書いてます。