開張!烏魚子食堂
(伊)ボッタルガ=からすみ Spaghetti alla Bottarge
アーリオ(ニンニク) オーリオ(油) ペペロンチーノ(唐辛子) aglio olio e peperoncino 一.からすみを炙って半分を擦る 二.ニンニク、鷹の爪を低温からオリーブオイルで熱する 三.パスタを固めに、最後にアスパラもいっしょに軽く茹でる 四.二にパスタとアスパラを入れ茹で汁を加えオイルと絡める 五.擦ったからすみを加えて塩、黒胡椒で味をととのえる 六.お皿に盛り、からすみを擦る薄切りからすみもトッピング
台湾で果醤(グオジャン:ジャム)づくりや、かわいい料理講座を開いている妙(miao)さん。丁丁(dingding)とbubuの媽媽(ママ)。突然届いた「I willvisit Fukuoka tomorrow」のメールにびっくり!しつつ(笑)福岡のいろんな場所へごいっしょしました。貧そな英語+鋭意学習中の中国語+日本語+筆談の、知識総動員のヘンテコ会話。まわりから見るとすごく怪しかったはず。そんな会話も聴く人話す人が同じ姿勢だと楽しくて、彼女の感性や気持ちがじわりじわりと伝わってきてとても良い時間でした。ごはんやデザートお茶‥‥日本味を堪能してはいろんな事を感じてい た様子。食材や味、盛りつけ、器、手仕事。真摯で繊細な姿勢。いつも避けがちなデザートをいっしょに食べて、食わず嫌いだったことに気づかされたり、ふだん食べているものがまたちがって見えてきた良い機会でした。お土産にいただいた台湾烏魚子(からすみ)。台湾3大土産ともいうべきからすみを買ったことはなかったけど、せっかく珍しいものを頂いたんだから!といろんな人といろんな場所で美味しい時間をいただきました。
ボラの卵を塩漬け、日干し熟成、手間ひまかけて作られる烏魚子(ウーユーズ=からすみ)。ねっとり濃厚なたらこみたいな風味。パスタにするとクセがちょうど良い旨みになって美味!チャーハンやお茶漬けも美味なんだとか
まずはお湯につけて薄皮を向いて下ごしらえ。日焼けした背中の皮みたい(笑)きれいに剥けて気持ちいい♪春野菜の緑に花が咲いたようなあざやかなオレンジ色が食欲そそる。
cream souce 一.オリーブオイルでニンニクを低温からゆっくり熱する 二.パスタを固めに、最後にアスパラもいっしょに軽く茹でる(春キャベツや空豆でも) 三.一に生クリームと茹で汁(2:1)を加え、塩、黒胡椒で整える 四.パスタとアスパラを入れソースをからめる ※ソースはゆるめで止める 五.お皿に盛り、からすみを擦る 薄切りからすみもトッピング
友人作手包み水餃子と、からすみカナッペもいっしょに。大根on大葉on炙ったカラスミは、しゃきしゃきっと大根の水分と濃厚なカラスミがベストマッチ!
中国の鉄観音茶を食後に♪ 韓国土産の瓢箪茶漉しで美味しく煎れます。中国茶の深い風味は気持ちを開放してくれる