今年ものんびりとおつきあいください。 福岡は今年も初日欠席のお正月でした。
お正月だよ 美味かもん
年末年始お笑い番組を横目に年賀状や手紙を書いたり、たまってた本やDVDを見たり、編物したり中国語を勉強したり、ゆっくりしながらお茶とおつまみ。年の瀬のオレンジ色!柳川御花の農園で栽培された蜜柑絞りのお裾分けを(今年もありがとう)いただきました♪今年の蜜柑は甘みが濃く口にまったりとろ〜り。沈んだ果肉が濃さの証。
大牟田のおじさんの形見味になろうとは。毎年親戚じゅうのをいっぱい漬けて大瓶で持たせてくれたらっきょう。大粒だし好物でもないしで父独占だったけど、このごろは台所で瓶を見つけては豆皿に数粒拝借するのが愉しみ。じゃくじゃくがやめられないとまらない。この美味しさがやっと分かるようになった頃にお別れなんて、さびしいなぁ。味で誰かを思い出す。そんな記憶は一生忘れないのかも。残りを大事に食べよう
佐賀から届けてくれた手づくりお屠蘇で年初め。ぷ〜んと香るパックには、山椒(実)防風(根)桔梗根、白朮(オケラの根茎)桂皮(ニッケイの樹皮)丁
子(チョウジのつぼみ)天台烏薬(ウヤクの根)麦門冬(ジャノヒゲの根)。風邪を防ぎ胃腸を整え、身体を温める作用のある生薬と、香気で一年の邪気を払う薬酒。お屠蘇って漢方だったんだ。中国の医者が唐の時代、流行風邪予防のために作ったのが始まりとか。もう風邪はこりごり!清酒に砂糖を加え1日漬けました。甘さと苦味、鼻に通る薬草の香り。気分爽やか、身体しゃっきり♪
ふだんのお茶は、緑茶、珈琲、アールグレイ、台湾茶。時々、野菜ジュース、サイダー。京都土産のほうじ茶缶は、お茶っ葉入れとして愛用。真っ白なワニ珈琲缶の中は‥‥こぶ茶!ちょっと小腹が空いた夜にすすります。松茸のお吸い物もいいんだなぁ〜。そしたらお次は甘いもの。で塩辛いもの。甘、辛、甘、辛、スパイラル‥‥
DECOで加奈子さんが剥いてくれる栗をむしゃむしゃ食べてるうちに栗好きになってきたかな。栗あんだけで練られた長野竹風堂の栗ようかん。ねっとりと栗の旨味凝縮で、濃い緑茶と丸かじりしたくなる。グルメな中嶋さんおすすめの期間限定栗きんとん"栗九里"。ほろほろと剥き栗まんまの食感と甘さがいくらでもいけるいける♪有徳稲荷の糸切りようかん、花びら餅。お正月お茶請けはいつもよりたっぷりと、お家作業をじっくりと♪
クリスマスに友人が編み上げてプレゼントしてくれた靴下。雪マークの多い今年の寒さもへっちゃらなぽかぽかソックス♪お正月用にと、庭から黄実の千両も持ってきてくれて、部屋で過ごす冬時間が数倍楽しくなりました。どうもありがとう♪